私達が生活を送る中で利用してきている電気を作り出すには海外から輸入する重油であるとか、ガスを燃焼させて対応しているのですが、これらを燃焼する事で大きなエネルギーが得られるのですが同時に二酸化炭素などを排出しますので、最近世界的に発生している異常気象に対して更に悪影響を及ぼしたり或いは地球温暖化を加速させないか懸念されています。
これらの問題をすぐに解決する手段は有りませんが、最近は自然の力を利用した発電が見直されてきていまして、既に風力を利用した発電装置は山間や、海岸に設置されてきていますし、ダムにおいては水力発電を行っています。
更に最近では太陽光発電が注目を集めていまして、その理由としましては設置する場所が確保しやすい点で、しかも日中降り注いでいる太陽の光が得られれば発電する事が可能であるからです。
この発電方法に適した場所は年間を通して晴れの日が多い場所でして、これには瀬戸内海に面した香川が挙げられます。
ここでは海岸線沿いに企業などの遊休地があったりしますし、また個人のお宅においても設置が可能でありますので、新築の物件であるとか或いは既に利用しているお宅においても太陽光発電を設置することが可能なのです。
また香川には本州とを結ぶ道路や鉄道が有りまして、例えば香川で発電した電力を四国の中で利用する事も出来ますし、また中国地方に送り活用する事も不可能ではないと思うのです。
皆さんも太陽光発電を設置してみませんか。