東日本大震災を経験して電気のありがたみを痛感したと共にいかにこれまで私たちが無駄に電気を使用していたかと言うことが思い知らされました。
スイッチを押せば直ぐに明かりがつきますが電気のつけっぱなしなどを控える方も今や多いと思います。
確かに節電はとても大事ですが私たちは電気を使用できないともはや暮らしが成り立ちません。
電気は水や食料と同じ私たちの普段の生活に欠かせないライフラインです。
ですので節電を行いながら上手に電気を使っていきたいものです。
そこで今家庭に太陽光発電のシステムを導入する動きが活発化しております。
家庭に太陽光発電のシステムを設置すれば日中に家庭で賄う電気の多くを作り出すことができ電力会社から供給する電気を使用する必要がないので節電にもつながりますしその部分は電力会社に料金を支払う必要がないので家庭で支払う電気料金のコストダウンにもつながり大きなメリットです。
家庭用の太陽光発電のシステムはこのようにとっても便利なのですが唯一の欠点は太陽光発電のシステムを設置する際にかかる初期費用がかかることです。
多くの方が太陽光発電のシステムを導入しているので年々コストダウンはしていますが、
まだまだ初期費用は高いので家庭に太陽光発電のシステムを設置したいけれど躊躇される方もいらっしゃるかと思います。
しかしながら現在国や地方自治体が家庭用の太陽光発電のシステム設置を後押ししてくれていて設置時には補助金が利用できます。
この補助金は地域によって異なりますがたいてい何十万円もの高額の補助金ですので、
今補助金が支給されている内に家庭用の太陽光発電のシステムを設置されると良いでしょう。