日本におけるエネルギーの必要量は年々増えてきているのですが、これに
対応するだけの電力を充分確保できる体制があるかと言いますと、現在は
おぼつかない様子なのです。
これは夏場や冬場における電気の必要量が大きく変動するからで
電力各社においてはこれらのバランスを取るべく、電力の融通を行い
ながら対応を図ってきています。
そして最近は電力を自ら作り出す取り組みもスタートしていまして、それは
太陽光発電なのです。
これは太陽の光を受けて電力を作り出すものでして、企業においても遊休地
などを利用
して太陽光発電の装置を設置して発電を事業化してきています。
また一般の家庭においても、最近は建売りの住宅において最初から設置
しているケースも見受けられます。
太陽光発電は日の良くあたる場所で設置するのが好ましくて、瀬戸内海に
面した温暖で日照時間も長い高松市においてはこれらの太陽光を利用
する装置の設置にうってつけの場所であると思います。