太陽光発電と言えば、太陽の光を使って発電をしますが、両者の側としては、十分発電するのが当たり前と思っているところがあります。
例えば、屋根にそれを太陽光パネルを貼り付ければ、年間の電気代が必要なくなるくらい発電するのが当たり前、と言う感じです。
ですが、実はそうでもないのが実情なんですよね。
例えば、メーカーによって発電効率が違います。
また、日照時間は全国各地で違うし、お隣に背が高い建物があって、それが屋根に影を作る様な状態だったら、それだけで発電量は減ってしまうんです。
その為、いざ太陽光発電を導入して、電気代の明細を見てみると、なんか想像していたのとは違う、なんていう事はざらにあります。
でも、太陽光発電は安い買い物ではないので、そういう失敗は避けたいですよね。
実は、そういう失敗は避けられるんです。
必要なのは、事前に各社の発電効率について調べる事と、自分の家でそれを導入した時の予想発電量を計算する事です。
事前にどういう感じかを知っていれば、そういう発電量に関する失敗は感じずに済みますよね。