家庭に太陽光発電のシステムを設置しようとする動きは年々増加しております。
太陽光発電のシステムはエネルギー源が太陽光ですのでとっても安全で環境に優しいのが特長です。
ですので国などの行政が一体となって太陽光発電のシステムを設置することを推進しております。
国、あなたがお住まいの都道府県そしてさらに市区町村の3行政から補助金や低金利ローンが支給あるいは利用できるのでこれらを活用して太陽光発電のシステムを設置することが可能です。
家庭に太陽光発電のシステムを設置するメリットは自給自足の発電と消費が出来、
不足分だけを電力会社から購入すればよいのですが、
発電量が消費量を上回ればその余剰分を電力会社に売電でき家計への収入にもつながりこれも大きなメリットと言えるでしょう。
しかも政府は売電価格を10年間一定で据え置いているので今後多くの家庭に太陽光発電のシステムが導入されて売電が増えても安定した収入が確保出来るのです。
家庭に太陽光発電のシステムを設置する唯一のデメリットは初期費用が高いことです。
車1台分とも言われております。
しかしながらすでに述べたように行政から交付される太陽光発電設置時の補助金をきちんと利用して、
節電と自家発電と売電を繰り返すことによって毎月支払う電気料金のコストダウンなどを長期的に続けることによって十分に初期費用を回収することも可能になるのです。
家庭に太陽光発電のシステムをこれから設置しようと考えている方は補助金が得られ安定した売電価格が維持されてる今早めに導入することが賢明と言えるでしょう。